読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単たった60秒おうちで本格セルフネイル★ソルースジェルプロも絶賛!口コミ評判と効果

使用満足度89%!多数の有名女性誌で紹介!スターターキットとして必要なアイテムが一式揃って、簡単にデザインできる最新型LED付きジェルネイルキット「SoluzGel(ソルースジェル)」口コミ評判と効果

SoluzGel(ソルースジェル)評判の理由とは?

SoluzGel(ソルースジェル)

うるっとしたジェルネイル、自分でかんたんにできたらな。

なんて思っていました。

そこで、色々探してみたところ、ジェルネイルキットSoluzGel(ソルースジェル)は、おうちでかんたんに、本格的なセルフジェルネイルができると評判なので、
ちょっとまとめてみました。

 f:id:ayano28days:20141221231935j:plain

ツヤと発色が良いマニキュア感覚のカラージェル

マニキュアの上から塗るタイプの物は、ジェルネイルのような、
ぷっくらした仕上がりではなく、ツヤのあるマニキュアくらいなんです。

ネイルを削らなくても良いキットはありますが、
結局すぐ剥がれてしまったりするので、多少削った方が、持ちは良いんです。

削るといっても、表面が白くなるくらいです。

筆で塗るコンテナタイプのものは、顔料が沈んでいる場合があるので、スパチュラなどで攪拌してからでないと使えないものもあり、ちょっと扱いが面倒です。

 

SoluzGel(ソルースジェル)のカラージェルはポリッシュ型なので、いちいち筆を洗ったりなどしなくてもマニキュアのように使えます。

初めてでも、うるうるっとした、濡れたような輝きが、簡単にできるので、プロのネイリストがすすめているのも、これならうなずけます。

f:id:ayano28days:20151006114639j:plain

 

カラージェルの持ちの良さ

爪にしっかりと密着するので、2~3週間は長持ちし、オフするまでキレイです☆

硬化時間は、たったの60秒

ジェルを硬化させるライトで、UVライトの物がありますが、紫外線を使っているので、日焼けしたときのように、手の老化を早めるんです。

 

SoluzGel(ソルースジェル)に付いている日本製の
最新型LEDライトだと、皮膚科や、歯科など医療現場でも使われていて、
高い照射力を発揮しながら、お肌にやさしいのです。

 

f:id:ayano28days:20151004135744j:plain

しかも、UVライトはジェルを硬化させるのに、2~3分かかりますが、
LEDライトの硬化させる時間は、30秒から60秒で乾くので、
重ね塗りを何回しても、それほど時間が気になりません。

 

セットには、ジェルネイルの講座のDVDが付いていて、
本ではわかりにくい加減など、
何回も見ることができます。

f:id:ayano28days:20151004133542j:plain


カワイイ収納BOXに必要なアイテムが一式揃っていて、
おうちで簡単にプロっぽい仕上がりが楽しめるので、
セルフネイルをはじめる初心者にもおすすめです。


まずは、ソルースジェルの公式サイトを、
チェックしてみてください。↓↓↓

”Soluzgelジェルネイルキット<Basic>”

ジェルネイル ベース 持ちがいい?長持ちベースセットなら2ステップ♪

SoluzGel(ソルースジェル)

今まで、ジェルネイルは、サンディングした方が持ちが良いと言われていましたが、ついにソルースジェルからサンディング不要で最大1ヶ月の剥がれ知らずのベースが発売されました。

f:id:ayano28days:20151024221806j:plain


「長持ちベースセット」なら、サンディング不要の簡単2ステップです。

STEP1

ネイルプレップで、自爪についた油分や水分、ダストなどをしっかり除去して、ジェルの浮きを防止します。これなら消毒の役割も果たし、グリーンネイル(爪カビ、爪水虫)から爪を守ってくれます。

STEP2

プレベースは、ジェルを長持ちさせるベースジェルで、通常のベース&トップジェルよりも、圧倒的な密着と持ちを発揮するので、最大1ヶ月のリフト知らずでジェルネイルを楽しめます。

※ベース&トップジェルの代わりに「プレベース」を使ってください。

 

まずは、ソルースジェルの公式サイトを、
チェックしてみてください。↓↓↓

”Soluzgelジェルネイルキット<Basic>”

ジェルネイル デザイン 簡単 秋ハロウィンっぽくソルースジェルの場合

SoluzGel(ソルースジェル)

これから秋冬にむけて、ハロウィンだったりクリスマスとイベントが沢山あります。

ちょうどお店に、ハロウィン向けのスイーツがあったのですが、鮮やかなオレンジと、チョコレートがアクセントになったものが、目を引きました。

自分でジェルネイルにアレンジをして、オレンジに、ちょっとダークな色で、それっぽくマネしてみるのも良いかもしれませんね。

ここではちょっとソルースジェルから、ハロウィンや秋冬っぽいデザインをピックアップしてみました。

f:id:ayano28days:20151024221430j:plain

soluzgelのカンタローブ+ボルドーレッド、ブラック、シマーリングサイドグリッター、ホワイトを使用しています。顔は手書き

f:id:ayano28days:20151024221445j:plain

soluzgelカンタローブ&ボルドーレッド、ボサノバ&パステルラベンダ、ボサノバ&フシアグリッター、ブラックでバイカラーネイルをハロウィンぽくアレンジ。

f:id:ayano28days:20151024221458j:plain

soluzgelカンタローブ&ボルドーレッド、ボサノバ&パステルラベンダ、ホワイト、シマーリングサイドグリッターを使ってちょっと大人なネイル。

f:id:ayano28days:20151024221513j:plain

soluzgelブラック、ボサノバ&パステルラベンダ、カンタローブ&ボルドーレッドに星形スタッズと星形アートでキラキラ演出。

f:id:ayano28days:20151024221527j:plain

soluzgelグレーベージュにガーベラデイジー。
丸スタッズでちょっと背伸び。

f:id:ayano28days:20151024221545j:plain

soluzgelオレンジレッドとセージのバイカラー。
ラインテープはシルバーでクラッシーに。

 

遊び心のあるものから、ちょっと大人で知的なものまで。

 

ステキ女子には、かかせません。


 

LEDライト ジェルネイル用の違いワット数おすすめは?

ジェルネイルのライト

 

ジェルネイル用のライトの場合、一定の距離から効率よく、まんべんなくむらなく照射できるように、ドーム型のものが多いです。

ペン型LEDライトは、部分補修が必要な時や、ちょっとしたパーツ、ネイルシールを付ける時、旅行など、ピンポイントにさっと使いたいときには良いです。

ネイル用以外のLEDライトには、「点滅モード」があったりしますが、目立つために事故防止用と、あまりネイルにはどうでも良い機能なので、ネイル用と考えるならなくて良い機能ですよね。

LEDライト自体、100円から、高いものですと数万円のものまでいろいろあります。

もしネイル用ではなくあえてLEDライトを買う場合、値段的には1000円~くらいのものを買うのが良いです。

1000円以下のモノは高照度といっても、粗悪なものが多く、使い始めて1ヶ月位で光らなくなってしまいます。

乾電池式の場合、単3電池2本のものと、単4電池3本のものが主流ですが、できたら単3電池2本のものが、おすすめです。

単4だと単4電池3本なので、新品を入れ換えた場合、1本余ります。

これが後々ムダに溜まってくるので、長い目で見ると、単3電池の方がおすすめです。

 

ソルースジェルのペン型は、機能性が高くて、デザインはかわいいけれど、単4電池式なので、ちょっと後悔してます。

LEDライトの特徴に省電力がありますが、UVライトの消費電力が平均30W前後に対し、LEDライトは、6W、9W、12W~等あります。

ソルースジェルのLEDライトは、わずか6Wで、市販されている405nmの波長に対応したジェルなら、すべて使えます。

ソルースジェルのドーム型LEDライトは電源タイプですが、ライトの寿命は40,000時間です。

しかも30秒から1分で硬化するので、何かと忙しい日常では、うれしいですよね。

ちなみにソルースジェルのペン型LEDライは、楽天で評判の良いタイプと比べると9灯に対し12灯搭載していて、わずか数秒ですが、より効率よく照射します。

楽天はコチラから↓


>>>”Soluzgelジェルネイルキット”の通販はこちらから<<<

ジェルネイルのライトLEDは日焼けするの?

ジェルネイルのライト

 

ジェルネイルの特徴は、すぐに乾いて、はがれにくく、透明感のある色と光沢が魅力です。

このジェルを硬化させるのに必要なのが、ライトなのですが、以前はUVライトが主流でした。

光、太陽の自然光には、光線の長さ波長によって、赤外線、可視光線、紫外線の3つに分かれます。

UVライトは紫外線を使っていますが、直射日光とくらべて、皮膚が赤くなってしまうような、ダメージが少ないと言われいています。

ですが、紫外線により肌の内部でメラニン色素が作られるのは、直射日光と同じです。

紫外線を浴びることにより、角質層が紫外線を体内に入り込むのを防ごうとしますが、角質層をくぐり抜けて浸透してしまった紫外線に対して、メラノサイトメラニン色素をつくることで、真皮への侵入を防ぎます。

メラニン色素がつくられると言っても、全部が日焼けやシミになってしまうわけではありません。 新陳代謝が活発で健康な状態であれば、アカとなって皮膚から排出されるか、内部で分解されることで、毛細血管を通り排出されます。

ところが、うまく排出されずに、皮膚にとどまってしまったものが、やがて色素沈着としてシミになってしまうのです。

もちろん加齢により新陳代謝が落ちた状態では、シミになるリスクも高くなります。

1ヶ月に数回、1日中照射しているわけでないではないですから、気にしなくても良いように思いますが、個人的にいやなのは、指先だけ日焼けしたようになってしまうのは避けたいです。

ジェルネイルのライトLEDは日焼けするの?

 

LEDライトは可視光線にあたるので、日焼けをおこす心配はありません。

皮膚科ではLEDを使った光治療を行っていたり、美容成分を浸透させる効果があるLED美顔器など、美容に効果があると様々な使われ方をされています。

ジェルネイルで使われているLEDライトは、青色LEDになり、殺菌効果があるとされています。

今では安価なLEDライトもあるようですが、出始めのころは、UVライトよりも高価と言われ、10万円近くするものもあったようです。

ただあまりに安いと、すぐ壊れるようなので、ご注意ください。

ジェルネイルでライトにあてたら熱い?痛い?!LEDライトの場合

ジェルネイル セルフ コツ 塗り方

 

初めてはじめたがのがLEDライトを使ったセルフなので、UVライトのことはわかりませんが、 最初、ジェルを塗る加減がわからなくて、ライトに当たところ、いきなり「熱っ!」 何が原因なのかと思ったら、厚く塗ってしまったのがいけなかったのです。

ジェルネイルは、基本2度塗りなので、最初から厚ぼったく塗ってはいけないのでした。

しかも厚塗りにすると、爪が伸びてきたときに、段差ができてしまう原因にもなり、リフトしやすくなります。

それと、まんべんなくライトに照射されるように、手はまっすぐにしてライトにあてます。

手が斜めになっていると、ジェルが流れ出してしまい、爪に凹凸ができるだけでなく、指にジェルがついて硬化してしまうと、とるのが大変です。

そればかりか、硬化したジェルをとらないまま、何回も繰り返し照射して、やけどのようになってしまったら怖いので気をつけています。

流れ出ないように、爪の正面から光が当たるようにします。

怖がって、指先だけをあてるようなこともしないでください。 これでは、指定の時間照射しても、硬化しないことがあるので、ちゃんと、手がライトの奥に入るようにしてください。

とは言え、不器用なので、凝ったことをしよとすると、むらなくキレイに塗れなかったりして、ときどき熱い思いをしますが、基本薄づきにさえしていればおそらく大丈夫です。

 

基本LEDライトは、時間が短くてすむので、お手軽に使えて良いと思います。

ただ、使いたいジェルによっては、LEDライトではダメなものもあるのかもしれません。

ジェルを硬化させる時間は、ジェルの種類によって何ワットのライトをどの程度の時間で硬化させるか、ジェルによってはライトの種類が限定されるので、必ず確認してください。

また、ライトの近くにジェルを置いておくと、ライトに反応してジェルが固まってしまうことがあるので、必ずジェルは、ライトから離してください。

セルフジェルネイルのやり方自宅で簡単LEDライトでソルースジェルの場合

SoluzGel(ソルースジェル)

 

 

ソルースジェルは、マニキュアのようなポリッシュ型なので、とても扱いが楽です。

基本の塗り方に必要なものは、これだけです。

f:id:ayano28days:20151006210958j:plain

左上から、ジェルクリーナー、ベース&トップ、カラージェル、LEDライト、ワイプ、ウッドスティック、スポンジファイル、ゼブラファイル
(もちろんキットには、オフに必要な溶剤や、アートに必要な筆、それ以外にラインストーン、グリッター、ワイプ×72、カラージェルなどが付いています)

セルフジェルネイルのやり方★キューティクルの押し上げ

まず、手や指を石鹸でキレイに汚れを落としたあと、エタノールなどをコットンに含ませたものを使って、手や指の間などを消毒します。

ウッドスティックで、余分な甘皮を押し上げます。

f:id:ayano28days:20151006211305j:plain

チリや余分な甘皮のダストなどが残っていると、ジェルの密着を妨げて、ジェルの浮きあがる原因になるので、ワイプなどで除去してください。

セルフジェルネイルのやり方★形成&サンディング

ジェルの密着を良くするために、ゼブラファイルを使用して、爪の長さや形を整えます。

f:id:ayano28days:20151006211342j:plain

爪の表面のつやをスポンジファイルで消します。

f:id:ayano28days:20151006211432j:plain

爪が軽く白くくもるのが理想です。

このとき、付属のスポンジファイルは、それほど粗くはありませんが、削り過ぎないようにしてください。 ダストは、洗い流すかワイプで除去してください。

セルフジェルネイルのやり方★ベースジェル

 

 

ベース&トップジェルを塗ります。

ベースとトップジェルが1本になっているので、時間が短縮できます。

爪の中央付近にジェルをおき爪先に向かって塗っていきます。

爪の先端は、筆を立てて、ジェルが流れないように丁寧に塗ります。

甘皮周りは、ブラシをねかせて塗るのがポイントです。

最後に、全体を塗って仕上げます。

塗った直後は、筆跡が残りますが、しばらくすると筆跡が消えます。

はみだしたジェルは、硬化前に必ず、ウッドスティックで取り除いてください。

筆跡が消えたら、LEDライトでジェルの硬化を始めます。

f:id:ayano28days:20151006211522j:plain

30秒前後、照射させてください。 このとき、カラージェルの容器が、ライトに反応して容器の中のジェルが硬化してしまうのを防ぐため、LEDライトから離してください。

セルフジェルネイルのやり方★カラージェル

カラージェルは、基本的に2度塗りを行います。

1回目は、薄く塗るのがポイントです。筆に塗るジェルの量は、1度筆先にたっぷりジェルを浸みこませ、ボトルのふちで、ジェルを軽く落とすくらいが目安です。 

カラージェルの硬化時間は、1分です。タイマーで自動的にランプが消えるまで、照射します。

淡い色のカラージェルの場合は、30秒程度の硬化時間でも固まります。

1回目のカラージェルの硬化が、確認できたら、2回目のカラージェルを塗り重ねます。

発色が弱く感じる場合や、厚みをもたせたいときなど、カラージェルの回数を好みに応じて増やしてください。

硬化時間は、1分です。
淡い色なら30秒程度、ライトをあててください。

セルフジェルネイルのやり方★トップジェル

ベース&トップジェルを塗ります。 筆跡が消えたら、LEDライトをあて1分硬化します。

ジェルクリーナーをワイプに浸みこませ、表面の未硬化ジェルをふき取ります。

この時、こするようにふき取ることで、爪につやが出ます。

f:id:ayano28days:20151006212231j:plain

最後は、爪先や甘皮周りを、キューティクルオイルや保湿クリームで保湿しましょう。 ジェルの浮きを防ぎ、長持ちさせることができます。



”Soluzgelジェルネイルキット<Basic>”
今ならもれなくカラージェル5本(9,000円)をプレゼント!!